オリンピック〈カブ隊〉

カブ隊は、7/19・7/26・8/2の3回の集会で【オリンピック】関連のプログラムを行いました。

まずは、来年、観てみたいオリンピック競技を考えてみる。
7/19の集会において、ジェスチャーで、ほかのスカウトに競技を当ててもらう。

続いて、観てみたいオリンピック競技について、前回オリンピックで金メダルをもらった選手の出身国を調べ、その国旗を作る。
7/26の集会において、その国旗がどこの国のものか、ほかのスカウトに当ててもらう。

最後に、8/2の集会において、カブ隊みんなで、自分たちだけのオリンピックの旗を共同制作する。

まじめに、楽しく。

(ねも)

Beaver Eats(ビーバーシェフになる/オンライン集会)

投稿が遅くなりましたが、先日のオンライン集会は”Beaver Eats”と題して料理をして家族のみんなに届けよう!とはりきってタコライスとスープ作りをしました。

オンラインでの料理なんて今までやったことはありませんでしたが、ビーバーのみんなは画面に集中し過ぎず、見事においしい料理を完成させ、時間内にお父さんやお母さんに料理を届けることができ、みんなで楽しい食事をすることができました。

想像以上にうまくいったので、今度はオンラインでスイーツでも作ろうかと考えています。ねぇS副長!!

 

            

 

          

隊会議〈ベンチャー隊〉

6/21にwebexを用いてオンライン隊会議を行いました。

内容は今年度ベンチャー隊でやりたいことについて。各自考えてきてもらったことを共有し、話し合いをしました。また、企画書作成についても話しました。

始まりは遅くなりましたが、これからベンチャー隊で楽しい活動をしていくための隊会議になりました。

(りょう)

組長集会〈カブ隊〉

6月14日、【組長集会】を実施しました。

今年度のカブ隊は、くまスカウトが不在のため、しかスカウト2名が組長を引き受けてくれます。

コロナ自粛期間中に読んだ本のこと、これから目指すチャレンジ章のこと、今後の対面型集会再開後の活動のこと…堰を切るようにたくさんのことを発言してくれて、内容の濃い集会となりました。そして、これから1年間、うさぎスカウト6名を導いてゆく組長としての責任感を、発言のなかに垣間見ることができました。

(「こども六法」「世界地図2020」についてJ君の読後感。Hさんは、スカウト仲間J君の説明をしっかりと聞いている。)

少人数の集会は、多人数が集合する集会の賑やかさとは別の良さがあります。

今回は、ベンチャースカウトも参加してくれて、チャレンジ章についてカブスカウトに熱く語る場面もありました。

(ねも)

りすの道〈カブ隊〉

67日、「りす集会」を実施しました。

りすの道を歩み出して、はじめてやってみるカブスカウトの敬礼です。

「ビーバーのときは二本の指がくっついていたけど、カブは二本の指が離れるよ。なぜだろうね。次回の集会で確認しよう~。」

リーダーも次回集会でスカウトに会えるのが楽しみです。

今年はスタートが遅れてしまいましたが、入隊式に向けて、カブスカウトのやくそくとカブ隊のさだめを唱えられるように頑張りましょう。

(ねも)