入隊式〈カブ隊〉

●7月11日

りすの道を経て、今日から立派なカブスカウトです。

「わたしは、まじめにしっかりやります。」

カブ隊旗を握りしめて、カブスカウトのやくそくとカブ隊のさだめを唱えます。

ネッカチーフ、カブブックの授与です。がんばってブックを仕上げましょう。

(ねも)

かっこよく!パート3〈カブ隊〉

●7月25日

「かっこいい人」と言えば、やっぱり、オリンピック選手。

たとえ、メダルをとれなくたって、頑張っている選手はみんなカッコイイ!

次の次の次のオリンピックで行われる新種目とそのピクトマークについて、カブスカウトが自由に想像、創造してみよう。。。

1本のロープに30個の結びを作り、それを足掛かりによじ登る「ロープワーク・アクティビティ」という競技や、4人が100mずつリレーして400mの距離を当てる「400m計測リレー」という競技などのアイディアが生まれました。

デンリーダーの作品も紛れています。

いずれもスカウトが金メダルを獲ることのできそうな競技ばかりです。

(ねも)

かっこよく!パート2〈カブ隊〉

緊急事態宣言期間と緊急事態宣言期間の谷間に、久しぶりの対面式集会を行うことができました。

オンライン集会では行うことが難しいロープワーク、計測、そしてスタンツ(*)をスカウトたちは楽しみました。

【ロープワーク】「いっしょにやってみよう。ひとえ継ぎと本結びは似ているよ。」
【計測】今回は、畳のサイズを自分の体で測りました。
計測誤差1cmほどのスカウトがいて、びっくり!
スカウトは自分の体にいくつかの定規を持ち、いろいろなものを体で測ります。
【スタンツづくり】
スタンツは、コロナ禍が続いたため、ほとんどのスカウトにとって始めての経験となります。
スカウトどうしのアイディア合戦が密度高く行われ、脇で見ているリーダーたちが感激するほどでした。

(*)スタンツ:寸劇のようなもの。配役、セリフ、振付、小道具などのスカウトどうしでアイディアを出しながら作り上げます。

さあ、スタンツの 始まり、始まり。

(ねも)

かっこよく!パート1〈カブ隊〉

●7月4日

雨があがらず、石神井公園での集会をとりやめて、雨プロとしてのオンライン集会です。

カブスカウトにとって「かっこよい」とはどのようなことか、スカウトみんなで考えてみました。

その答えは、【カブスカウトのやくそくとカブ隊のさだめ】にあり!

「やくそくとさだめを、ふだんの生活で行っているスカウトは、かっこいいよねっ。」ということで、「やくそくとさだめ」をゲームに取り入れた【かっこよくビンゴ】ゲームを楽しみました。

【かっこよくビンゴ】

①準備…画用紙で4マス×4マスのビンゴ・カードを自作する。

②各スカウトは、16マスに「すな」「じ」「た」「お」「すす」(さだめの頭文字)を任意に記入する。

③各スカウトは、最近に実践した「さだめ」とその内容について、一人ひとつを報告する。

④報告スカウト以外のスカウトは、③で報告のあった「さだめ」の頭文字が記されたマスのひとつだけに○を付ける。

⑤あとは、ビンゴゲームのとおり進める。

(急場しのぎで考案した雨プロ・ゲームです。他団カブ隊の皆さんにもオススメです。)

(ねも)